ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
更新日:2017年10月3日 訪問者数:15818名
QRコードこちらQRコードからモバイルでも詳細ご覧になれます。



タイ古式マッサージを学びたい方は左上メニューの<B.教室>をクリック
     生徒さん随時募集中! まずは体験レッスンで!


タイ古式マッサージ施術を受けたい方は左上メニューの<C.施術>をクリック
     ご予約はお電話で (03)6317-3131

+++++++++++++++++++++++++++++

サッパロット(Sap Pa Rod)はタイ語でパイナップル。
タイは世界最大のパイナップル生産国。パイナップルを口に入れたときのリフレッシュ感を、マッサージを通して感じていただければとネーミングしました。サッパロットのタイ古式マッサージで心にも栄養をおとどけします!
ITMチェンマイ本校

ITMチェンマイ本校は・・・

ー北タイ・チェンマイスタイルのマッサージを教える大手マッサージ
 スクールの一校として1992年に開校。以来、世界140カ国・
 16000人以上の卒業生を輩出し世界的な評価を得ている伝統と
 実績のあるタイ古式マッサージスクールです。

ータイ国文部省だけでなく審査の厳しい保健省からも認定を受けて
  いる学校はタイ国内でもごくわずかです。

タイ古式マッサージ (ヌア ボラーン)
ヌア ボラーン(Nuad Bo-Rarn)はタイ語でタイ古式マッサージ。

タイでは体調を崩したら回復のためマッサージ施術を受けにいくというのが今でも日常風景で,
マッサージは治療手段の一つとしてタイ人の生活に根付いています。

タイ古式マッサージの源流は2500年前のインドにさかのぼります。インドで生まれ釈迦の
主治医だったシワカ・コマラバ師(写真・下左)は多くの医学書を残しタイ伝統医学の祖と呼ば
れてタイ人に尊敬されています。 マッサージ教室や施術の際、オナモ(Om Namo)と呼ばれる
マントラ(真言)が唱えられ、師の業績を讃えています。

コマラバ師の療法はインドの経験医学として蓄積され、その知識は仏教と結びつき仏教医学の
もとが誕生。中国の鍼をはじめとする中医学とともにタイに伝えられ、タイ伝統医学の基盤が
できました。 その基礎理論「セン」の考え方が現在のタイ古式マッサージに取り入れられて
います。

伝統医学・マッサージを教える場として大学医学部がワットポー寺院内に創設されたことでも
タイにおける仏教・伝統医学・古式マッサージの三位一体の関係がうかがえます。
(写真・下右 マッサージのセン・ツボを示した石板ーバンコク、ワット・ポー寺院内)

ータイ古式マッサージを理解する  「2つのスタイル」
タイ古式マッサージはインドのヨガと中国の指圧療法の要素が組み合わされ独自に発展してきた安全な全身ボディセラピー法で、筋肉や関節に働いて身体の調和、エネルギーの増進、ストレスからの開放、そして精神の安定を促進します。

タイ古式マッサージにはバンコクのワットポー寺院内で発展してきた南タイ、ワットポースタイルとチェンマイ伝統病院で発展した北タイ、チェンマイスタイルの2つの流れがあります。

ワットポースタイルの施術は身体のツボ、「セン」と呼ばれるエネルギーラインの指圧が中心なのに対して、チェンマイスタイルは指圧に加えて、インドのヨガを起源とするストレッチによる施術およびその相互作用に重きが置かれます。

ITMのチェンマイスタイルは穏やかな人々やゆったりとした生活リズムなどタイ北部の風土そのものを反映しています。

フッターイメージ